読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れ物をして何が悪い 2

忘れ物をして何が悪いと思っている。

前述したように、僕はブリュッセルのエアポートにかなり重要なカードが入った財布を置いてきたが、目の前の豚骨ラーメンを食べるほうが優先順位が高かった。

 

財布を無くしも堂々と振る舞えるのは、豊富な経験があるからだ。僕はあらゆる場所に財布を忘れてくる。

温泉のロッカー

電車の椅子

友達の家

年に10回は財布を置いて去るのだが、必ずといっていいほど財布は僕の元に帰ってきた。しかもまったく手をつけられていない状態で。

施設に忘れた場合は、当日か翌日に電話をして確認する。すると大体の場合忘れ物として保管されており、直接受け取りにいくか、着払いで郵送してもらえばいい。

電車に忘れるとちょっと面倒臭い。地下鉄か否か、特急か否か、会社はどこかで連絡をする場所や保管されている場所が異なるからだ。この場合も、骨が折れる作業ではあるが正しい処理を行うと、無事に財布は手元に帰ってくる。

 

僕が何を言いたいかというと、日本国内であれば財布を捜査して受け取るためのシステムがかなり円滑に作動しているので、本人に最低限の語学能力、情報リテラシー、時間とお金があれば、財布の心配をそこまでしなくてもいいということだ。懐手で口笛を吹きながら歩いてればいいのだ。

 

続く。