読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自傷する女の子

自傷する女の子に自傷することは悪いことじゃないと言うことがある。

そして、いつも、どの口がそんなことを言う権利があるんだろうと深く考えて、ふさがることがある。

言論の自由。子供っぽいけど頼らずにはいられない。

僕は自ら自分の身体を傷つけたりはしない。する必要がないからだ。シンプル。簡潔。おしまい。 

そうはいかないから世の中世知辛い。

 

なんで自傷するのだろう。実は今文章を打ちながらそれらしいことがひらめいた。

なんだよ、思いつきの論説かよ。俺暇じゃないだ。

知ってるよ。もちろん僕だって暇じゃない。

思いついたことを話す権利。これを失うと誰も口をきけなくなる。そして悲しくて手紙でも書くんだろう。ね、そこまで悪いことじゃないでしょう。

閑話休題

 

僕は今までに3人の自傷する女の子と仲良くなった。そして、3人のこと関係を持った。特別なことじゃない。よくある話だ。

長く彼女たちと付き合っていると確かな共通点があるなと思う。

彼女たちはあらゆる物事で自分を規制する。理解に時間がかかる内容だと思う。彼女たちは、日常生活のあらゆるポイントで些細な決まりごとを設けて自分を規律の中に置こうと努める傾向がある。

枕を絶対に直に地面に置かない。

電気を消す時は一度消して電気をつけ直し、最終的に電気を消す。

書き出そうとすると意外にいい例が出てこない。申し訳ない。

共通するのは、あえて行動のステップを増やしたり、意味のないルールを設けて余分な労力を使用している。

なぜ。

彼女たちは、自分という存在を認識し、手で触れて、安心したいのだ。

その手段の一つなのだ。

理由もなくたくさんの男に抱かれようとする彼女や

宗教を強固に信じて自己矛盾に苦しむ彼女は

みんな、自分という存在をはっきりと認識したいのだ。

その延長線上に自傷という行動のがあるのだろう。

男が自らの精液を飲んで安心するように

彼女たちも自らの体から流れる血を見て、手にとって、舐めて、匂いを嗅いで、そこにある自分を感じているのだ。 

ごめんなさい。