読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失禁と安倍首相、ひとつの啓示

こんばんは。酒井要人です。

新年あけまして、おめでとうございます。

大みそかの夜、僕は鈍行を乗り継いで東京から実家へと帰省をしました。途中、熱海から浜松まで乗り換えなしの区間があり、三時間程度座席に座りっぱなしでした。座ってじっとしているくらいなら半日余裕な僕ですが、徐々に尿意が増してくるのを暗に感じていました。それは、まさに悪い知らせであり、遠くのほうからのっそりのっそりとやってくるのです。

浜松に到着する20分前には僕の感情は無になっていました。足を組んだだけで膀胱が圧迫されて漏らしかねない状況にまで追い込まれていたのです。椅子にちょっと深く腰掛けて、全身の力をできるだけ抜く。この状態を保ちながら、淡々と時間がたつのを待ちました。僕は神を信じたことはないのですがその時は思わず「神よ、祝福してください」と窓から見える天を仰ぎました(三時間後に初詣に行き、お汁粉食べてほくそ笑んでました。神様は安倍首相ばりの寛容の心をお持ちなので、僕を許してくれるでしょう。)

人間、たくましいというか狡猾なもので、もし電車のなかで「もうおしまい(笑)」となった時の対処法を何パターンに分けて考え始める僕がいました。この時点で膀胱のキャパシティー限りなく透明に近いブルーというか限りなくゼロに近い有数となっており、あと10分で浜松駅に到着するところまで電車は進んでいました。「いける、、!、いけない、、!」のせめぎあいが脳内で活発に行われる中、厳かに脳内の別の部屋で、もし我慢できなくなったらどうするかという会議が粛々とおこなれ始めました。

もし電車がつくまえに失禁しそうになったら

「列車と列車の連結部に逃げこみ、他人からは見えないポイントでペットボトルに用を足す」もしくは「潔く漏らす」というどちらにせよ「人間の尊厳Dead or Dead」な結論に至りました。

電車内の放送が「次ははままつ~ はままつ~」とアナウンスをしたとき、僕は勝利を確信しきれませんでした。時間的にはあと五分、常人の膀胱であればやすやすと我慢できるでしょうが、すでに僕の膀胱は限界を迎えていたのです。その場で10㎝くらいの小ジャンプをしただけで膀胱には深刻なダメージとなります。僕は間違いなく浜松、いや静岡全土の人間のなかでカースト最下位にあったことでしょう。小学校低学年の女の子に手を引かれただけでその場にうずくまることになるでしょうし、赤ちゃんを抱っこするだけでも深刻なダメージとなりうるからです。もう一度言いますが、僕は生まれたての自立性のない赤子よりも、か弱い存在だったのです。電車の中という密室でおしっこを我慢するということはつまりそういうことなのです。赤ちゃんの顔の造形は自然と母性をくすぐり、「あ、世話したらんと」という感情を引き起こすそうですが、三日間ひげを剃っていない清潔感のないオタク顔の僕は、他人の力を乞うことすら絶望的でした。

結果として、僕は助かりました。僕は生きながらえたのです。階段をめっちゃ内股でおりきったとき、トイレがすぐ真横に設置されていた時は神に感謝の言葉が出ました。神は僕を見捨てはしなかったのです。あんなか弱く清潔感のない僕でも神は天から見守っていてくれたのです。友達のキリスト教徒が意気揚々と語っていたのですが、キリスト教はすでにイエスの後を追う時代が終わり、日常生活に溶け込んで生活する新たなる神を発見する段階に至ったといいます。「神はもう我々人間の中にいらっしゃるのだ、私たちはイエス様のときのような過ちを二度と起こしちゃいけないんだよ。」と彼が発言するのを「めっちゃ甘いもの食べたい、、!」とアイスのことばかり考えていてろくすっぽ聞いてなかったのですが、極限まで追い込まれた僕は彼の言葉はある意味啓示のような力をもち頭の中でこだましたのです。

話をまとめてしまうと、いい年した大人が新年を目の前にして失禁しそうになったという話です。最近膀胱がゆるゆるなんですけれど伸びきっちまったんでしょうか。 

みなさんよいお年をお過ごしください。

さようなら。