読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたが人の生き方を変えた経験

「あなたが人の生き方を変えた経験を教えてください。」
僕は人を変えた経験は一度もない。もしかしたら僕の耳に入ってこないだけで誰かの考えや行動を改めていたかもしれない。
なぜ、僕が人を変えたことがないのかを考えてみた。おそらく「他人は他人だし、僕は僕だ」と考えて行きてきたからだ。
もし、誰かがバイトをサボっていたとする。その子を勤勉で熱意のある人間に変えることが正しいことなのだろうか。僕は半分正しいし、半分は間違っていると思う。 彼の個性を尊重するのがもっとも重要なのであって、ある決められた形に変えてしまうのは大変危険だ。
サボるやつはサボるやつなりに理由がある。その生き方は彼が自ら決めたことなのだから、僕は口を出すべきではない。

「世界にはいろんな人がいる。それでいいじゃん」

なんでサボるのか、つまり彼の価値観を理解した上で、バイト側と彼の価値観の相入れるポイントを探ればいい。

 

僕が人を変えようと思わないのはきっといろんな価値観を持つ人がたくさんいた方がいい。と考えるからだ。だから自発的に自分の価値観を押し付けないようにしていた、それよりも他人の考えに歩み寄っていくことを大切にしている。

僕は最近、自分を大きく変えた。きっかけは自分の大切な人が強い信念を持っていきており、僕がそれに共感し、変わろうと思ったからだ。彼女は常々人を変えようとしてきた人だった。時には極論を言うし、自分の芯と合わない人間を排他するなど、柔軟性は限りなくない。彼女はそう言う点では他人を積極的に変えようとするタイプなのだが、僕は当初なんて押し付けがましい人間なんだ。と思った。今もそう思っている。

自分が変わっていく過程を通して、自分を極端に変えることは悪くないし、寧ろ魅力があることだと感じた。

もしも、相手が変わろうという強い意志を持ち、僕が助力できるのであれば主体的に取り組もうと思う。

僕は人を変える素晴らしさを知っている。